人工芝・翠(みどり)はお子様やペットのいるご家庭へ

人工芝・翠(みどり)は小さなお子様やペットを飼われているご家庭にイチオシの人工芝です。

翠(みどり)は芝の密度が非常に高く、肌触りは抜群です。
高密度になればなるほどクッション性が高まり、手で触ってもその違いがわかりますし、裸足で歩くのにもピッタリです。

お子様が庭で裸足で遊んだり、愛犬が走り回るのに人工芝を敷きたい、という方には翠(みどり)をお勧めしています。

もちろん耐久性にも優れており、普通にお使い頂ければ7年から10年くらいは十分にお楽しみいただけます。

人工芝

 

人工芝・翠(みどり)の特徴

人工芝・翠(みどり)は、圧倒的な密度の高さを誇ります。
通常、ホームセンターで販売されている人工芝は密度が13,000/㎡くらいで、高密度を謳ったものでも17,000/㎡程度です。

ところが翠は、29,400/㎡という超高密度で、手触りの良さは他の追随を許しません。

密度が高いためクッション性に非常に優れており、また起立性も抜群に良いので長い期間にわたって使い心地の良さが持続します。

人工芝・翠(みどり)は、ふわふわした感触の良さから、お子様が集まる保育園や、お年寄りの多いホームなどでもご好評いただいております。

リニューアルされた人工芝・翠(みどり)

人工芝・翠(みどり)は、最近少し仕様が変更になりました。
芝葉の中にストレートの枯葉を混ぜており、これによって更に自然に近い外観となりました。

ストレートの芝葉ですので以前より枯葉が目立つようになっております。

緑色一色ですと綺麗には見えるのですが、いかにも人工のものという感じは否めません。

天然芝には一定の割合で枯葉が混ざっているので、リニューアルした翠はクッション性や高密度を保ちながら、天然人工芝に近いものとなりました。

 

人工芝の枯葉

写真でもおわかりになるように、枯葉がストレートに起立しています。このため、一見して枯葉がわかるようになっています。

また、一見固そうに見えるかもしれませんが、実際手に触れてみるととても柔らかく肌に当たる感じがとても良い人工芝となっています。

人工芝・翠(みどり)の柔らかさの秘密

人工芝・翠(みどり)は、柔らかさ、クッション性を追求した製品になります。

従来の短冊形の人工芝はへたりやすいのが欠点でした。その点V型は起立性は良いのですが、チクチクした感触が天然のものとは違いますし、手触りも座り心地もよくありません。

人工芝・翠(みどり)は、通常より細めの芝を使い、さらに柔らかさを実現させるC型の芝を採用しています。

人工芝C型芝葉

細かい部分ではありますが、緩くカーブしている芝葉を使うことにより、ふわっとした感触を実現しているのです。

細めのカーブした芝を、超高密度に植えることによって、丈夫で感触のいい人工芝を作ることができました。

こちらはぜひ一度手に取って確かめて頂きたいと思っておりますので、無料サンプルの請求をお待ちしております。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!