人工芝通販

人工芝の通販

人工芝を通販で購入して自分で施工したい、という方も増えています。
弊社でも人工芝の通販のみの販売も承っております。
最近はDIYをされる方も多く、器用な方なら施工までやってしまうのはそれほど難しいことではありません。
費用節約の点からもご自分でするのはお勧めです。

ですが、あまり広いお庭の場合はプロに頼んだ方が無難です。初めての施工ですと、少しのずれがどんどん広がってしまい、敷いてはみたものの見栄えが今ひとつだったり、隙間ができてしまったりします。設置範囲が20~30平方メートルで、設置場所の形も複雑でない場合は、ご自分でトライしてみるのもお勧めだと思います。

ただその時に注意したいのが「質のいい人工芝を選ぶこと」です。
人工芝を敷くためには、土台の土の部分を整地したり芝をカットしたり、その下準備だけでも手間と時間を要します。

せっかく準備したのに、敷いた人工芝が何年も持たなかった、見た目や触り心地が今一つ、ということになったらとても残念です。

最近はひところと比べると、ホームセンターの人工芝の品質も向上してきています。用途によってはそういった人工芝でも十分な場合もあります。
例えば、住宅のごく狭い通路で人目につかないところなどは、本格的な人工芝は不要というか、少し勿体ない気もしますね。

ですが、ある程度に広さのあるお庭で、お子様やペットと一緒に過ごしたい、テーブルを出してお茶を飲んでくつろぎたい、という場合などは、クオリティの高い人工芝を使用されることがお勧めです。

人工芝を通販するメリットとデメリット

通販のメリットは何といっても費用面、そして持ち帰る手間がないことですね。(人工芝はかなり重いです!)ただ、メリットの裏にはデメリットもあります。

まず一番に考えられるデメリットは、プロのようにうまく敷けない(かもしれない)ことでしょう。
確かに下調べなしにいきなり人工芝をカットして敷き始めてもうまくいくことはありません。

まずは、施工前に手順を確認しておくこと、そして必要な最低限の道具をそろえること(整地用の鋤簾(じょれん)やスコップ、トンボなど)が必要になってきます。施工前の土部分の整地の仕方を確認しておくこと、施工のコツなどをネット検索でチェックしておくことが大事です。

それほど難しいことではありませんので面倒くさがらずにやりましょう。
下準備ができたら一日時間が取れるときに作業をスタートします。広さによっては一日では終わらないかもしれませんので、できれば2,3日時間が取れるときがベストですね。

そして、雨が降ると作業が進まないとともにきれいに仕上がらないので、晴れた日を選ぶようにしましょう。

人工芝は「芝目」というものがあり、見る方向によって違って見えます。施工場所の土の下処理をして、芝の向きを確認したらあとは芝をカットして丁寧に敷いていきます。

人工芝の場合、ミリ単位でカットしなくても、最後に綺麗に合わせていけば良いのであまり神経質になる必要はありません。

通販で購入して、果たして自分でできるだろうか、と心配な方もいらっしゃると思います。

弊社では、通販で購入された方にも設置のアドバイスを行っております。どのくらいの芝が必要かということに関しては、図面をお送り頂ければ必要な分量をお出ししております。無駄にたくさん買わないように、適切なアドバイスをさせて頂きます。
また、実際に設置をしていてわからないことがありましたら、メールや電話でご連絡頂ければ対応させて頂きます。せっかくご購入いただいた人工芝を無駄にすることがないよう、できる限りアドバイスさせて頂いております。

現在、ご自分でDIYをして人工芝を敷きたいという方のために、初めての方でもわかるマニュアルを製作中です。ご希望があればお申しつけくださいませ。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!